RIZIN LANDMARK6

RIZINとしては初となる海外大会がアゼルバイジャンで行われた。

 

正式な大会名はRIZIN LANDMARK6。ランドマークということで、試合場はケージ。ここは海外のスタンダードに合わせた形であろうか。

 

 

そして今回もPPVでの中継が配信されたので購入し視聴。

 

当初は日本時間の深夜0時ころに鈴木千裕の試合を見れるのではないかと予想していたが、大会の開始が若干遅れ、千裕選手の試合は日をまたいで午前3時ころだったと記憶している。

 

しかしあのジャイアントキリングを見せつけられればそんなことは些末なことでしかない。

 

RIZINファンであれば誰しもがもしかしたら千裕はやってくれるのではないかという期待を持っていたが、まさかあれほど短時間でしっかり倒しきるとは!!

 

正直千裕ケラモフが行われるまで眠くて眠くて仕方なかったが、この試合で一気に目が覚めてしまい、朝方までSNSをずっと見ていた。

 

 

この試合で鈴木千裕はRIZINフェザー級チャンピオンとなった。

 

今後のさらなる活躍に期待したい。